複数の業者をチェックする

費用と作業内容が重要

作業員

原状復帰はオフィスや店舗などとして借りていた物件を移転する際に、借りる前の状態に物件を戻す作業で、基本的にすべての事業者が移転時に原状復帰をしないといけないことになっています。ただ一般住宅と違って事務所やオフィスとして借りる物件は規模が大きく、原状復帰にかかる費用がとても高いことから、きちんと予算を確保しておかないといけません。通常事業を営む企業では、事務所を移転する際には、きちんと予算を確保して原状復帰に対応しています。ですが原状復帰は依頼をする業者によって費用に大きな差があり、作業の日程や質に関しても違いがあるので、クオリティーの高い信頼できる業者を見つけることが大切になってきます。オフィスとして使用する物件の原状復帰に対応する業者では、事前にどのような作業工程でいくらくらいの予算がかかるかを、きちんと見積もりとして出してくれます。そして物件ごとの様々な事情などにも配慮して、各種の交渉にも応じてくれることが多いです。きちんと業者側と交渉を行なうことができて、その交渉がまとまれば合理的なプランによって原状復帰を実現できるので、日程的にも予算的にもとても有利です。そのためもし効率的に原状復帰を行いたい場合には、しっかりと交渉に応じてくれる作業内容に幅のある業者を選ぶと良いでしょう。そのような良い業者を見つけるためには、いくつもの業者を比較してサービス内容を細かくチェックする必要があります。

費用と品質を重視する

作業員

原状復帰を行なう場合には、原状復帰を行なう業者を細かく検証して、より良い条件の業者を選ぶ必要があります。きちんとした業者を選ぶことができれば、安い費用においてとても高いレベルのサービスを受けることができるので、事前に条件等を細かい部分に至るまで比較して、クオリティーの高い業者を利用しましょう。基本的に原状復帰の工事を担当する業者では、詳細な見積もりを無料で出してくれます。そのため、まずは複数の業業者に連絡をして見積もりを出してもらうとよいでしょう。そうすることで、それぞれの業者の料金を把握でき、比較することができます。また工事内容に関して細かく質問をすることで、どのくらいの品質で工事を実施してくれるかも把握することが可能です。原状復帰の工事は依頼する業者によって品質に大きな差があるので、必ず依頼する業者のレベルをチェックして、費用とクオリティーのバランスを考えると良いです。原状復帰を行なう業者の情報は、ネット上に色々と掲載されており、口コミなどの情報も探せばたくさん出てきます。そのため事前にきちんとネットの情報を調べておくことも重要になってきます。また業者のホームページを参照して、どのような施工実績があるのかを確認するのも良い方法です。原状復帰に対応する業者では、きちんと現場の写真をホームページに載せていることが多いので、実際の様子を入念に確認して、高いレベルで原状復帰の工事を実施してくれる業者に作業を依頼すると良いでしょう。

賃貸経営の安定化

リフォーム

賃貸住宅は、多くの借主が順番に利用することになります。利用する期間や利用の仕方によっても異なりますが、基本的には退去時には、入居時と比べると汚れた状態になっています。つまり次の借主は、前の借主よりも悪い条件で入居することになるわけです。家賃がその分安くなっていれば良いですが、築年数が少ないうちは、大幅に安くなることはありません。それでいて、部分的に汚れていたり、傷がついていたりするのです。この不公平感を抑えるために行われている作業が、原状復帰です。原状復帰は、貸主から専門業者に依頼されることがほとんどです。そして業者は、その賃貸住宅を新築時の状態に近づけることを目標として作業をします。たとえば汚れや傷を可能な限り除去して目立ちにくくしたり、除去できない場合には新品に交換したりといった具合です。もちろん元々あったものと全く同じものに交換されるので、以前よりもゴージャスになるといった不公平感が生じることはありません。こういった原状復帰により賃貸住宅は、新しい借主が違和感なく利用できる状態になります。同じ間取りや設備の物件が複数あった場合にも、それぞれの見た目や衛生状態が揃うことになります。そのため特定の物件のみ著しく状態が悪く、新しい借主がつきにくいといった事態が防がれやすくなります。もちろん状態の悪さに合わせて家賃を下げるといったことも必要なくなるので、貸主の利益は安定するのです。このようにメリットがあるため、原状復帰はスムーズな賃貸経営にするためには必要不可欠な作業とされています。

入居者負担と大家負担

作業員

原状復帰では、入居者の過失や怠慢による傷や汚れの修繕費は、入居者が負担することになっています。経年劣化や通常使用による汚れの修繕費は、大家が負担します。その区別がつきにくい場合は、責任の押し付け合いとなることもあります。しかし傷や汚れの原因を見極める専門業者が間に入れば、円満な清算が可能となります。

もっと読む

賃貸物件の退去時に行なう

リフォーム

原状復帰はどこまでが求められるのか明確な基準はありません。ガイドラインに沿って費用負担を借主と貸主に振り分けて行きます。借主が故意、過失による劣化は借主負担となります。長く住むと入居の際にどのような状態であったか忘れてしまいますので、書面で記録しておくと安心です。

もっと読む

複数の業者をチェックする

作業員

原状復帰はオフィスや事務所を移る際には必ず実施しなくてはいけません。原状復帰にかかる費用は作業を依頼する業者によって大きな差があり、作業内容に関しても色々と特徴があるので、しっかりと比較検討を行い適切な業者に依頼するのがベストです。

もっと読む